空き家にゴミを不法投棄される原因と対策について

お電話でのお問い合わせは090-7132-0088

空き家へのゴミの不法投棄

適切に管理されていない空き家は、庭先などの敷地内にゴミを不法投棄される恐れがあります。

人の出入りがない空き家だと思われると不法投棄の危険が高まり、生活ゴミだけでなく大型の家具や布団などの粗大ゴミを不法投棄されるケースも珍しくありません。

管理されていない空き家では不法投棄に気付くことができず、適切な対策も行われないため、不法投棄がエスカレートしてしまう可能性があります。

すると、敷地内にゴミが大量にあふれかえって悪臭を放ち、ゴキブリやネズミなどの害虫・害獣が大量に発生し、ご近所にも迷惑をかけてしまうといった深刻な事態を招いてしまう恐れがあります。

なぜ空き家が狙われるのか?

空き家が狙われる理由は、不法投棄をしても見付かりにくいからです。

不法投棄は立派な犯罪ですから、もし見付かれば罰せられます。個人の場合は「5年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金またはこの両方」が科されます。不法投棄をする人物からすれば、当然見付かりたくはないはずです。

誰も住んでおらず誰にも管理されていない空き家は不法投棄をしても見付かりにくく、また、不法投棄をする人物の罪悪感や心理的抵抗も少なく感じるという要因もあります。

しかし空き家であっても、適切に管理されている空き家であれば不法投棄が見付かってしまう可能性が高くなります。そのため、不法投棄をする人物は事前にしっかりと下見をして、その空き家が管理されているのかどうかを判断していると言われています。

不法投棄をしようとしている人物がどこを見て判断しているのかは様々ですが、一般的には以下のような空き家は狙われやすいと考えられます。

  • 庭の雑草が伸び放題で生い茂っている
  • 庭木の手入れがされておらず、隣の敷地に枝が伸びている
  • ポストにチラシや郵便物が大量にたまっている
  • 窓ガラスが割れたままになっている

不法投棄を狙っている人物に一度目を付けられると、味をしめてその後も繰り返し不法投棄をされる恐れがあります。

不法投棄のターゲットになる前に、適切に空き家を管理して未然に防ぐことが大切です。

不法投棄を放置すると、さらに深刻な事態を招く恐れも…

環境犯罪学上の理論に、「割れ窓理論」というものがあります。

割れ窓理論とは、「建物の窓が割れているのを放置していると、誰もそこに注意を払っていないというサインとなり、やがて他の窓も壊される」という考え方です。この理論は、空き家への不法投棄のケースにも当てはめることができます。

まず、誰かが空き家の敷地内にゴミを不法投棄したとします。しかし、その空き家の持ち主は定期的に管理していないため、その不法投棄に気付かず、そのまま何も対策せずに放置し続けてしまいます。すると、それを見た他の人も「不法投棄をしても大丈夫そうだ」と思って不法投棄をするようになり、「みんながやっているなら」と次第に同じことをする人が後を絶たなくなってしまうという深刻な事態に陥ってしまう恐れがあります。

一度「ゴミを捨てても大丈夫な場所」と判断されてしまうとどんどんエスカレートしてしまい、その後もずっと不法投棄に悩まされることになりかねません。

基本的に、不法投棄されてしまったゴミは自分で処分しなくてはなりません。処分費用ももちろん自己負担です。

不法投棄に対して何の処置もせず放置していると、ゴミ屋敷のようにゴミがあふれかえって悪臭を放ち、ゴキブリやネズミなどの害虫・害獣が大量に発生するといった深刻な事態を招いてしまう可能性もあります。

そのような事態になるとご近所にも迷惑をかけてしまい、近隣トラブルに発展してしまう恐れもあります。

ゴミの不法投棄を防ぐために有効な対策

不法投棄の被害を少しでも防ぐためには、「この空き家はしっかりと管理されている」と思わせることが大切です。

「いつ誰が見回りに来るか分からない」、「もしかしたらどこかに監視カメラが設置されているかもしれない」と思わせることで、抑止力となります。

庭の雑草が伸び放題になっていたり、ポストに郵便物が大量にたまっていたりすると、「この空き家は管理されていない」と判断されて犯罪者に狙われてしまう可能性が高くなります。

ゴミの不法投棄を防ぐためには、普段から定期的に空き家を管理し、犯罪者に目を付けられる前に予防しておくことが最も重要で効果的な対策です。

自分でできる対策としては、防犯カメラの設置があります。防犯カメラの設置による犯罪件数の減少効果は警察庁からも発表されており、不法投棄だけでなく敷地内への不法侵入や放火、落書きなどの他の犯罪の抑止効果も期待できます。

また、敷地にロープを張ったり、不法投棄禁止の張り紙や看板を設置するなどの対策も一定の効果が見込めます。ロープの代わりに有刺鉄線を使用したり、看板に「不法投棄は犯罪です。見付けたら警察に通報します」などの警告文を書いておくことも効果的です。

お助け太郎では、不法投棄の防止に効果的な空き家管理サービスをご提供しております。

定期的に空き家を管理して、不法投棄を予防しましょう。

岡山の空き家管理はお助け太郎にお任せください

お助け太郎では、豊富な管理メニューで少数精鋭による丁寧な空き家管理サービスをご提供しております。

岡山で空き家管理のことならどんなことでもお助け太郎にご相談ください。

岡山県内は無料出張見積りも行っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

岡山で家の管理、生前整理、片付け清掃ならこちらのお電話番号へ090-7132-0088