空き家への放火や、不法侵入などの危険性について

お電話でのお問い合わせは090-7132-0088

空き家への放火・不法侵入などの危険性

空き家への放火・不法侵入などの危険性について

適切に管理されていない空き家は、放火不法侵入などの犯罪を引き起こしてしまう可能性があります。

空き家に不審者が侵入してそのまま寝泊りしているという事例や、空き家の中でたき火をした形跡が発見されたという事例も報告されています。

しっかりと施錠していても、ドアが壊されたり窓ガラスが割られたりして侵入されてしまいます。

こういった犯罪者に一度目を付けられると、様々な犯罪の温床となってしまい、放火や治安の悪化など近隣住民にまで迷惑をかけることになってしまいます。

最悪の事態が起こってしまう前に、定期的に空き家を管理して犯罪を未然に防ぐ対策をしておくことが大切です。

不法侵入されやすい空き家の特徴

すべての空き家が不法侵入される訳ではありません。

不法侵入されやすい空き家は、定期的に適切な管理がされていない空き家です。

犯罪者は、誰も来る可能性がない家を狙っています。そのような家は、長期間安定して住み付くことができるためです。

犯罪者は、その空き家が適切に管理されているかどうかをチェックしていると言われています。そのため、空き家であっても、定期的に人が訪れてしっかりと管理されている空き家は狙われる可能性が低くなります。

空き家が適切に管理されているかどうかを犯罪者がどのように判断しているのかは様々ですが、以下のような空き家は狙われやすいと考えられます。

  • 庭の雑草が伸び放題で生い茂っている
  • 庭木の手入れがされておらず、隣の敷地に枝が伸びている
  • ポストにチラシや郵便物が大量にたまっている
  • 窓ガラスが割れたままになっている

このように、人が住んでいる気配がなく、管理もされていないような空き家は、犯罪者のターゲットになってしまう可能性が高くなります。

なぜ空き家が放火の標的になってしまうのか?

最近は、空き家への放火がニュースで取り上げられることも多くなっています。

空き家が放火の被害に遭いやすい最も大きな理由としては、空き家には人の目が届きにくく、見付かりにくいという点が考えられます。

また、管理されていない空き家にはゴミや枯れ草などの燃えやすいものが放置されている場合もありますし、ドアや窓が施錠されておらず火を投げ入れられやすいという理由も考えられます。

さらには、若者のたまり場として利用され、花火やたき火、タバコの火の不始末により火災が発生してしまう危険もあります。

もし空き家が火事になり、近隣住宅にも火が燃え移ってしまった場合は、多額の賠償を請求される可能性もあります。

どんな犯罪も完全に防ぐことは不可能ですが、リスクを下げるための対策をすることは可能です。

最悪の事態が起こってしまう前に、定期的に空き家を管理しておくことが大切です。

岡山の空き家管理はお助け太郎にお任せください

お助け太郎では、豊富な管理メニューで少数精鋭による丁寧な空き家管理サービスをご提供しております。

岡山で空き家管理のことならどんなことでもお助け太郎にご相談ください。

岡山県内は無料出張見積りも行っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

岡山で家の管理、生前整理、片付け清掃ならこちらのお電話番号へ090-7132-0088