空き家の換気・空気の入れ替えを行います

お電話でのお問い合わせは090-7132-0088

空き家の換気・空気の入れ替え

空き家の換気・空気の入れ替え

定期的に窓を開けて換気し、空気の入れ替え・換気を行います。

誰も住まなくなった空き家は、換気が行われなくなります。

長時間換気が行われないと空気がこもってしまい、湿気もたまってカビが発生しやすくなってしまいます。

空き家はなぜ空気の入れ替えが必要?

家に人が住んでいるとドアの開け閉めも行われますし、天気の良い日は窓を開けて空気を入れ替えたり、暑い日は窓を開けて風通しを良くして涼しくしたりなど、窓の開け閉めが行われるため、換気が行われます。

換気扇を使う機会もあるでしょうし、家の中を人が移動することで空気の流れも起こるため、特別に意識していなくても、人が住んでいる家は自然と空気の入れ替え・換気が行われています。

最近の家は隙間風が入らないように作られている場合も多く、人が住まなくなった空き家は意識して空気の入れ替えを行う必要があります。

換気が行われないと、こんな被害が…

家の換気が行われず湿気がたまってしまうと、カビなどの菌が発生してしまいます。

木造住宅の場合は木材が腐ってしまい、シロアリなどの被害も出てきます。

さらに、それをエサにするクモやネズミ、ヘビなどの害虫・害獣被害が発生してしまう恐れもあります。

空き家の換気は、お助け太郎にお任せください!

お助け太郎にご依頼いただければ、定期的に空き家の換気を行います。

すべての窓を開けて、1時間ほど空気の入れ替えを行います。

カビが発生しやすい浴室やトイレの窓はもちろん、押入れやクローゼット、靴箱など密閉された空間も開放して空気を入れ替え、換気扇も回します。

お助け太郎では、空気の入れ替え以外にも様々な空き家管理サービスをご用意しております。

岡山県内は無料出張見積りも行っておりますので、岡山で空き家管理ならお助け太郎までお気軽にお問い合わせください。

岡山で家の管理、生前整理、片付け清掃ならこちらのお電話番号へ090-7132-0088